探偵とのトラブルに注意

探偵は全国にたくさんあります。それだけ需要があるのでしょうね。探偵に調査依頼するする場合、やはり調査内容が秘密にしたいことが多いものです。探偵は誰にも知られずに自分の問題を解決してくれる、そう普通の人は考えていることでしょう。確かに探偵の資質の最低限のところは秘密を守れるというところでしょう。依頼者の秘密、プライバシーはどこにも知られない、それは探偵として最低限のことです。だからこそ誰にも相談できない自分の問題の解決を持ちかけるのです。しかし、これは同時に大変危険な状況と言えます。誰にも知られず、依頼者と探偵の2者だけの契約なのです。秘密裡に全てが行われるのです。この状況をもしも逆手にとる人物がいたらどうしますか。これが悪徳探偵です。お金だけをもらい、まともな調査もせず報告をしてくる。またお金をもらった後に連絡が取れなくなる。異常な金額の請求をしてくる。いろんな悪徳探偵事務所が存在します。気を付けなければなりません。もしもトラブルにあってしまったら、、、。これをまた別の探偵に頼むことは全くのナンセンスです。トラブルはさらに酷くなると覚悟した方がいいでしょう。悪徳探偵は時にして、他の探偵とも繋がりがあるのです。けして解決にはなりません。トラブルになったら、場合によっては警察に届ける、または弁護士に相談する。はっきりとした対応をしましょう。詐欺にあったと同じです。こうなっては自分の秘密も全て話して、解決していくことを考えましょう。そもそもトラブルを起きそうな探偵事務所との接触がいけないのです。探偵を探す、選ぶ時には十分に気を付けたいものです。


>>「探偵は費用だけで選んじゃダメ。」トップページへ戻る