探偵選びは費用だけで選ぶと失敗する?

各探偵事務所のホームページをいくつか見てみると分かりますが、「1時間1万円(調査員1名の場合)」「浮気調査の成果報酬30万円」・・・など、費用にはばらつきがあります。

 

浮気調査・人探しなどを探偵へ依頼するために探偵を選ぶ時、費用の安いところは魅力的ですね。しかし、探偵事務所の費用に関しては、以下のような失敗事例もよく耳にしますので注意が必要。

 

見積もり料金とは別に、調査終了後に高額な経費が請求された。

調査員1人で調査しているのに、2人分の費用を請求された。

浮気の決定的な証拠がとれなかったからといって、事前の打ち合わせにはない、追加の調査を勝手に行われて、追加の費用請求された。

 

以上のことから、探偵を選ぶ際に、「ホームページに記載されている料金設定」だけを見て判断するのは危険ということが分かります。

見積もりで「発生する費用の全て」を表示してくれる探偵が◎

探偵業界最大手の「原一探偵事務所」であれば、見積もりの段階で、調査日数・調査時間・調査員の人数などを詳しく打ち合わせした上で、諸経費を含む総調査費を提示してもらえる安心感があります。

 

 

諸経費を含む総調査費を提示してもらえる安心感(見積もり無料)

解決実績70000件以上の信頼感

無料相談24時間365日受付中(全国対応)

 

原一探偵事務所

 

>>電話・メールでの無料相談はコチラ

 

※通話料無料・携帯からもOK
※匿名での相談もできます。

「浮気調査」の場合、調査力は非常に重要

探偵を選ぶ時、費用のほかにも重要なポイントがあります。それが「調査力」「技術力」です。

 

浮気調査の場合

浮気調査をして夫(妻)の浮気が決定的となった場合、その後は、「夫婦関係の修復」または「離婚・慰謝料請求の準備」のどちらかへ向かうことになりますが、どちらの場合にも、確実な証拠がとれていなければ意味がありません。

 

不鮮明・不確実で、離婚裁判では使えないような証拠しかとれない「調査力」の低い探偵事務所も中にはありますので注意したいところ。

 

決して安くはない費用を払ってプロに浮気調査を依頼するわけですから、確実な証拠をとってきてくれる探偵を選ぶべきです。

 

家出人調査の場合

最近では、子供だけでなく大人の家出・行方不明も増えています。心配になり警察へ捜索願を出しても、警察は事件性がなければすぐには動いてくれません。そんな時に頼りになるのが探偵事務所です。

 

探偵事務所であれば、事件性のない家出人調査も行ってくれます。で、万が一、何らかの事件に巻き込まれていたり、自殺の可能性も考えた時には、一刻も早く調査を行う必要があります。この場合、調査力の低さは命取りになってしまうこともあります。

 

その他、素行調査・ストーカー対策・いじめ調査・・・などを探偵事務所に依頼する場合にも、やはり「調査力」の高さは、とても大切なことです。「調査力」の低い探偵に依頼してしまった場合には、尾行が対象者にばれて、二度と証拠がとれない・・・という最悪の事態も考えられます。

 

その点、調査実績41年・解決実績70,000件の「原一探偵事務所」は、調査力の高さに定評のある探偵事務所です。

 

浮気調査後の裁判でも、証拠能力が十分であると弁護士からも推薦があるほどです。

探偵業界の裏側を知れば、選ぶべき探偵事務所はしぼられてきます。

探偵業界に対して、「影のある業界」「不透明な業界」というイメージを持つ人は強いです。その理由として、探偵業の届出をしている業者の多くが個人という現状があります。

 

今から約8年前の平成19年6月に探偵業法が施行され、必要と思われる規制がかかり、悪徳な探偵業者は激減したとされています。しかし、それでも、探偵業の届出業者数を見てみると面白いことが分かります。

 

≪探偵業の届出状況≫ ※平成25年のデータ
届出業者数(個人)・・・4206
届出業者数(法人)・・・1464

 

日本全国の探偵のうち、4分の3が個人の探偵ということになります。この届けも比較的簡単に出せるようで、便利屋・なんでも屋の延長として気軽に届出を出している人も多いです。

 

そして、法人の探偵社でも調査員を10人以上抱えている会社というのは、そうそうありません。

 

でも、インターネットで検索をしてみると分かりますが、「浮気調査は当事務所におまかせください。」など、浮気調査を得意としているかのような探偵社のホームページが多く出てきます。これが何を意味しているか分かりますか?

 

実は、ほとんどの探偵社が、問い合わせを受け付けて、契約を取るところまでしかやっていません。実際の浮気調査は個人の探偵などに仕事をふっているのです。

 

つまり、お客さんから費用をもらって、安く他の探偵に調査の仕事をふる。その差額を利益としているんです。こういう業界です。となると、もしもそういう探偵社に浮気調査を依頼したと考えると怖いと思いませんか?

 

浮気調査の経験も浅く、技術力もない。そんな探偵の場合、まともな証拠写真が撮れるわけがありませんし、尾行もばれやすくなります。浮気調査の場合、一度尾行していることがばれれば、対象者は今後警戒するようになり、その後にちゃんとした探偵事務所に調査を依頼しても二度と証拠が取れなくなることもあります。

 

その点、業界最大手の「原一探偵事務所」は全国に多くの調査員を抱えており、全て自社で調査してくれるので安心です。

 

原一探偵事務所の場合、新人の調査員は徹底的に教育され、3年間は実際の浮気調査の現場には出してもらえないのだそうです。他の探偵社の場合ですと、訓練は3か月程度で、半年も経験を積めば1人前として扱われるところもあります。これほどの差があるため、原一探偵事務所の調査力・技術力は、他よりずば抜けて高いと言われているのですね。

GPS調査には注意が必要。

探偵社のホームページを見ていると、「格安で浮気調査ができます。」と言っている探偵社も多いですが、その多くがたいてい「GPS」を使った浮気調査です。

 

調査員が対象者の車にGPSを設置したり、GPSレンタルをする、というカタチのもので、費用も安いです。その安さに飛びついてしまう方も多いですが、実はGPSでの調査にはデメリットが多くありますので注意しなければいけません。

 

GPS調査結果に証拠能力はゼロ

写真が撮れるわけではないので、「ラブホテルの駐車場に車を停めていたかも。」という程度にしかならず、裁判・調停での証拠にならないのはもちろん、本人に問い詰めたとしても「友達に車を貸していた。」などと言われれば、それ以上何も言えません。

 

その後、ちゃんとした浮気調査をしても証拠が取れなくなる。

GPS調査でパートナーが浮気しているかも、、、ということが分かったとします。そのことを「どこ行ってたか知ってるからね。」など本人に言ったとします。それだけで浮気・不倫を完全に辞める人はあまりいないと思っておいて良いでしょう。

 

そればかりか、その後に確実な証拠をつかむために、ちゃんとした浮気調査を依頼した場合にも、一度「浮気してること知ってるから。」ということを本人に言ってしまっていると、常に警戒されていて、結果的に、証拠がとりにくくなり調査に時間がかかったり、バレやすくなることにもつながります。

 

GPS調査は法律的には「グレー」

各探偵社のホームページには「GPSでの調査 @万円」とはっきり記載されていますが、実は、GPSでの浮気調査は法律的にはグレーな状態なんです。今は、暗黙の了解で見逃されているようですが、今後は規制が厳しくなり、完全にGPSでの調査がアウトになる可能性もあるとのことです。

 

探偵社の中には、浮気調査の依頼を受けて、事前にGPSを使用することを依頼者に告げずに、こっそり対象者の車にGPSを設置している業者もあるようです。

 

 

以上のように、GPSでの浮気調査は安くてお得なように見えて飛びついてしまいがちですが、最終的には高くついたり、デメリットのほうが多いという特徴があります。

 

「原一探偵事務所」の場合には、GPS調査を一切行っていません。確実な証拠をとることに特化しており、知識・経験豊富な調査員が複数人で尾行し、精度の高い浮気の証拠を押さえて来てくれます。

 

 

探偵の料金を知る

探偵事務所で調査依頼する時に、まず一番気になるのがその費用でしょう。一応、相場というものがあります。1名の調査員で1時間1万円が相場と言われています。これは相場ですから、もちろん、相場よりも高い会社もありますし、逆に相場より低い料金のところもあるのですが、あまり期待はしない方がいいでしょう。依頼の契約をする前に必ず見積もりを取りましょう。そしてその見積書には調査の範囲が明記されているかどうか。これも大事なポイントです。必ず確認しましょう。

 

ただ、実際には、その調査方法、そして依頼内容により、見積もりは変わることがあります。また見積もりには含まれない部分もたくさんあります。例えば尾行調査にかかる交通費や宿泊費などです。車で移動する場合はもちろんガソリン代や高速道路料金が必要です。ですからちょっとした依頼でも50万円近くになることもあります。

 

「原一探偵事務所」の場合は、1日の調査料金8万円〜とホームページに記載されており、他の探偵社と比べて高く感じるという方も多いかもしれません。

 

ですが、原一探偵事務所の場合、経費も含めてかかる全ての費用を見積もりの段階で出してもらえています。例えば、尾行していて東京から急に新幹線で大阪へ移動してしまい、1泊することになったとします。この場合にも調査員の交通費が余計に請求されることはありません。全国展開しているので、大阪支社の人間と連携を取るなどして、余計な経費をかからなくすることも原一探偵事務所では可能なのです。

 

ちゃんとした探偵に調査を依頼するということは、ある程度高いお金を払うことと覚悟しておかなければなりません。もちろん探偵社によって見積もりの金額は違います。ある探偵社では、料金が高くなれば、割引が適用される場合もあります。また別の探偵社では、追加料金を必要としないセットプランを準備している場合もあります。

 

探偵社を決める場合、見積もり料金だけの比較はしない方がいいでしょう。特に「成功報酬制」の料金設定をしている探偵社の場合には、見積もりの段階で、どういうケースにいくら費用が発生するのか?など、詳しく聞いておかないと、浮気調査後に「こんなはずじゃなかった・・・」とトラブルとなってしまうこともありますので注意が必要。

 

良い探偵を選ぶために外してはいけないポイント

悪徳な探偵事務所も中にはいますから、探偵選びには注意が必要です。ではどのような選び方をすればいいのか?

 

探偵選びでは、外してはいけないポイントがあります。参考にしてみてください。

 

探偵業届出証明番号があるか?

探偵業は届出制です。公安委員会へ届け出て、一定の条件を満たしていれば受理されます。これさえもクリアできていない探偵の場合、法律上の探偵業者ですらありません。

 

以前には、便利屋さんなどが素行調査を行なっていましたが、平成19年に探偵業法ができたため、届出が受理されていない場合には違法となります。

 

全国調査業共同組合など、業界団体に加盟している事

お客様とのトラブルの多い業者は加入することができないため、どの団体にも加入していない業者にはそれなりの理由があると思っておいたほうが良いです。

 

実際に電話してみて感じの悪いところは問答無用に避ける。

電話してみた感じ・事務所へ訪問してみて話してみた感じ、違和感を感じるような業者は避けるべき。(何か不明なことがあれば必ず質問するべき。)

 

挨拶もろくにせず、お茶も出さず、時間・服装にだらしなかったり・・・と、普通のサービス業なら当然クリアできていることができていない探偵業者は結構います。「探偵さんの業界はこんなものなのか・・・」と思わず、そういう業者は避けるべきです。そんな業者が丁寧な調査をしてくれるとは考えにくいです。

 

その他、事務所へ行ってみて、担当者が若すぎたり年配過ぎたり、事務所内がスッキリし過ぎていて仕事している感じがなかったり、対応が異常に雑(もしくは必要以上に丁寧)なところも避けておいた方が良いかもしれません。

 

実際に事務所があるのか確認

Google Maps等で確認して、探せなければ候補から外したほうが良いでしょう。近い将来、半年後には引っ越しているか、存在自体ないかもしれません。

 

契約内容の確認

契約の段階では、契約書(書面)と報告方法(報告書の受渡日)、キャンセルの場合のキャンセル料の金額を確認すること(キャンセル前提ではないですが、キャン料が法外な場合 契約してもその他の部分で揉めます)。

 

調査実績・マスコミへの取材協力等

調査実績の豊富さは、やはり重視したいポイントです。「原一探偵事務所」は調査実績7万件・41年の歴史を持つ探偵事務所です。

 

テレビ番組などのマスコミへの取材協力をしているかどうかも、信頼できる探偵かどうかの1つの判断基準にはなります。取材協力をしている探偵社はいくつかありますが、バラエティー番組への協力が多いです。「原一探偵事務所」の場合は、報道ベースのメディアへの協力が多いようです。

 

 

 

浮気調査コラム

浮気調査会社が多いところは、福岡、大阪、名古屋、東京の4つだと言われています。人口が多いので必然的に依頼が多くなるのかもしれませんが、大きな要因は大手の会社があることです。大手の会社があるとすれば人の交流が盛んで、経済的にもある程度恵まれており、心理的にも浮気しやすくなる環境が整っているかと考えることができます。

 

名古屋は貯蓄率が国内で一番であり、財布の紐がかたいので有名ですが、浮気調査に依頼するお金は別のようです。愛知県は名古屋市内を拠点にしています。いろいろな浮気調査会社がいくつかあります。ネットで検索できますので、自分にあった会社を見つけてみましょう。相談者の多くは中年女性であり、ある程度経済的に恵まれている方が多いとのことです。

 

調査会社は1人の派遣者を基本にしているところも多いです。長期にわたり、かつ24時時間体制になると数人を必要とする場合があります。

 

「原一探偵事務所」の場合は、常に複数人での調査を行っています。そもそも、精度が高くて確実な証拠を取るためには、1人での尾行には無理があります。

 

1人で尾行していた場合、証拠を取れないことがあるほか、どうしても目立ちやすくなってしまい、調査をしていることを対象者に見つかってしまう危険性も高まります。

 

浮気の現場を掴むためには、写真や動画で証拠を残し、これらをお客さんに提出することで、調査は終了になります。その後は依頼者と相手側との交渉です。相手が負けを認めなくても証拠が残っていますので、万が一のときには裁判を起こすこともできます。

 

証拠をつかんでいるため、依頼者が勝つのは明確ですので、相手側はしぶしぶ負けを認めるか、慰謝料を請求するかのかたちになります。このように浮気調査会社への需要は年々増加気味になっています。これも時代の流れなのかもしれません。

 

相場は、いちばん安いもので10万円くらいからです。これは調査員が1人で1〜2日間に渡って行った場合です。高いものになると100万くらいです。これは調査員が複数で、約7日間の場合です。内容によって若干価格変動はあります。

 

慰謝料を請求したり、中がもとに戻って解決し、心にゆとりが生まれるようになれば、調査会社に支払う報酬は安いものです。調査委依頼があった場合、証拠を掴む確率はほぼ100%と言われていますので、信頼性もあります。